ナントカと猫企画

otonohapro.exblog.jp
ブログトップ
お待たせしました☆
今回のSUNSUNフェスでは、

『お母さんが手に職をつけて、‘好き’を仕事にする方法』
を、テーマにお二人のトークショーを繰り広げていただきます!


マッキーこと牧野内 大史さん
f0298223_23364030.jpg

つる姫こと岸 千鶴さん
f0298223_044014.jpg



なんと、お二人の対談は、日本全国で、SUNSUNフェス初企画!


長野から、お迎えする牧野内大史さんと、
京都のプロ写真家でありながら、
母として、ヨガティーチャーや治療家、数秘鑑定士などのたくさんの顔を持つ、
岸 千鶴さんお二人に、


SUNSUNフェスに集うお母さんや全ての女性に向けて、
スペシャルなトークショーを繰り広げていただきます!
(もちろん、女性でなくても参加OKです!)



企業のコンサルや、セミナーはどのセミナーも満席!
多方面でご活躍の
牧野内さんがお母さん達に向けてお話されるのは、本当に貴重な機会。


体の内側、心の奥深くまで届く
柔らかなマッキーの声で語られるお話
私も京都で皆さんと一緒にお聞きできるのが本当に楽しみです。


ママとして。
女性として。
親として。
社会人として。
色々な肩書きを外した時にある自分が


どんな自分なのか。


『私、何も持ってないし』(あ、資格とか??)
『何も出来ないし』
『夢なんてないし』
『子供も、仕事も、あるし。。』
なんて、思っている方、
別に思ってなくても、
ただ
『おもしろそう』
と直感で思われた方。お話聞きにいらしてくださいな。



そして、
京都のフォトヨギーニつる姫こと、岸 千鶴さん。
自分の枠をどんどん広げて、
子育ても、家族との時間も、仕事も、自分が楽しむ時間も
どんどんと手に入れて、
お母さんだからできない・・ではなく、
お母さんだからこそできること。

さらに、
「好き」を仕事にしている、一人の女性としての生き方。
ライフスタイルをお話していただきたいと思っています。




お母さんの、
それぞれの方の、中にあるスイッチがONになる。
そんな時間となれば嬉しいです!




=牧野内 大史さん プロフィール=

牧野内大史(まきのうち ひろし)
コンサルタント。シンクロニシティ・クラブ主宰。

「自分を変える旅から、自分に還る旅へ」をキーワードに、イメージ療法を取り入れた講演、執筆、ワークショップなどを展開。その独特な語り口による講演は日本のみならず海外でも開催され反響を呼んでいる。2014年に世界最大級となるフラワーエッセンスの祭典IFEC(国際フラワーエッセンス会議)に日本人ゲストとして登壇し、代替医療、ホリスティック療法(特に、イメージ療法)についての講演を行った。


現在は自然豊かな長野オフィスを拠点にゆったりリラックスした生活を楽しみながら、自分らしく生きることをテーマに執筆活動を続けている。


著書

『人生のシフト 本当のあなたが目覚めるセンタリング』徳間書店

『人生のシナリオを書き換える イメージの法則』ヒカルランド

『人類最大の秘密の扉を開く ソウル・オブ・マネー』リン・トゥイスト(著)監修・翻訳

『なんだ!こんなふうに生きればよかったのか』山川紘矢さん亜希子さんご夫妻、あさりみちこさんとの対談


=岸 千鶴さん=

岸千鶴(きしちづる)
写真家。カバラ数秘術とヨガを愛する治療家。


数秘術33の特性を生かして、
“人生は楽しむために”をテーマに多方面で活動中。
ブランド販売員時代、写真に出逢って人生が楽しくシフト。
26歳でプロのフリーランス写真家として独立し、広告や雑誌の撮影の他、
写真セミナー、コンテスト審査、テレビのレポーター、京もの親善大使 初代「みやびはん」も勤めた。
33歳からヨガを始めたことで座骨神経痛と不妊を克服し、出産。一男児の母。

現在は、家庭と写真家にベースをおきながら、
「育児と育自」を応援する
女性のための様々なイベントを主催。
特にママ友のメイクアップ・アーティスト
吉村和珠とともに手がける

☆顔コミュニケーション メイクレッスン撮影会☆が大好評。
延べ300人の女性の内面と外面が整った。https://www.facebook.com/ka0photo
またヨガレッスン、「カバラ数秘術」伝授、背骨をデトックスするアロママッサージ「レインドロップテクニック」を用いて
自分自身に“つながる”お手伝いに夢中。

<写真のお志事>

書籍

『別冊太陽 中国茶を楽しむ12か月』『吉田屋料理店』

『京都きもの生活』『五木寛之の百寺巡礼 ガイド版 第六巻 関西』
『おやつ新報へ、ようこそ。』など

雑誌
『リンカラン』『BRUTUS』
『日経ヘルス』

『日経ヘルス・プルミエ』『七緒』

『NaTIONAL GEOGARPHIC日本版』
など多数。



牧野内大史氏とは、7年前にアラン・コーエン氏や
アモラ・クァンイン氏のワークショップで出逢い、
お互いの体験を語る「ゆんたく仲間」。
2014年の著書『人生のシフト』の帯の顔写真を京都御所にて撮影。

〈写真家 岸千鶴 公式ブログ〉こちらから
〈サンケイリビング社 あんふぁんメイトブログ〉href="http://enfant.living.jp/enfant_mate/mateblog2/author/83/" target="_blank">こちらから
〈京もの親善大使 初代「みやびはん」ブログ〉
こちらから
[PR]
# by p-otonoha | 2015-05-02 00:13 | 第2回SUNSUNフェス2015
今年も!

SUNSUNフェス2015 ~太陽のお祭り~は
京都市&京都府の後援が無事おりました☆

そして、去年出店して下さった、出店者様が、ほとんどまた、
出店エントリーを下さっています☆

また、ここで出会った皆さんが、違う場所で繋がって行かれたり、
という、わくわくとする色んなお話もお聞きし、うれしいです

去年と同じように。ということは、うれしいことです!
そして、今年、お店を出店しようかな~?とご検討の方に、
安心していただける、楽しいお祭りで、いいお祭りですよ!!!!!
と、いうことを言いたいのです^^

去年と同様に、そして今年は、ちょっとパワーアップして!
出店者さんも、出演者さんも、来場者さんも、スタッフも、
みんながHAPPYの連鎖になるお祭りを体験しましょ~~

えっと、じつは・・
HAPPYの連鎖といいますと・・

去年のスタッフさんや関係者さんの、のきなみのおめでた騒動です☆
別名、子宝祭りと称そうかな~とか、おもってます笑

ちあき
[PR]
# by p-otonoha | 2015-05-01 18:38 | 第2回SUNSUNフェス2015
先日のLINE会議から、
わたしたちがお祭りをすることって。。

話し込んでいたら、
なんだか壮大なところに向かっていってしまったのですが、
でも、結局はそういうことなんだろう・・・
と。

今のわたしたちの言いたいのはこういうことなんです。
LINE会議は今回、オンラインにするには暴露が多すぎてのせられないので、
まとめてみましたよー。

まとめたとか言ってるけど、長いよー。笑

==============
ナントカと猫企画は日本を変えます。
・・とか、大きな事を言ってみる。


みんなが、みんな、
「それって、どうでも良くない?」って
ぜーーんぶ、自分から
自分の常識
を1回手放してみて欲しい。


今、
自分の気持ちで
自分の感覚で
選んでいるのかな。。

体に良いらしい。。
続けるといいらしい。。
痩せるらしい。。
子供が賢く育つらしい。。

「○○らしい」っていう情報に振り回されてないかな?

「わたし」の感覚で選んでますか?
選ぶ基準は「わたし」ですか?

ナン猫は、思ってます。

良い、も、悪い、もない。
正しい、正しくない、もない。
こっちがあるから、あっちがあるだけ。

エブリデイスムージーでも、
エブリデイ味噌汁でも、
なんでもいいじゃない。
からだはどっちが喜んでるの??

そこを感じて欲しい。


私たちは、お祭りの準備の中でも
色んな感情が芽生えても、
色んな思いの人に出会っても、
それも人間らしさだなぁ。。って感じています。


私たち、これ面白いと思うよ!って思う事が、
「え??」
って思われる事もあるでしょう。
共感してくれる方もいるでしょう。


押し売りする気はありません。
なので、
共感!!好き!!
意味わかんない!嫌い!
って、なんでも、自分の心が動いたら、
自分の発見を喜んで欲しいです。

私たちは、私たちの「楽しい!」
を精一杯お届けします。

==============
私たち、毎日、
「わ!もうこんな時間!!」って
時間も忘れるくらい、
オバカなこと言って、
「まずは日本を変えてみよう!」とか言って過ごしていたいねー。
って真剣に思ってます。


一人一人が、
人と違うからって悩まなくてもいいし、
苛立たなくてもいいし、
「自分はこれが心地良いんだ」っていう持論を持って、
自分の選ぶ感覚に自信を持って、素直になってみたら・・。

もしかしたら、
良いと言われたからやっていて、
実はストレスになっていることもあるのかもしれないね。

案外、気持ちいい方法はもう知っていて、
ほんとに自分や自分に大切な事はシンプルに選べるのじゃないだろうか。。


そんな風に少しずつ、
「わたし」の選ぶ基準が、
「ひと」と同じ基準でなくて良いのだなーってなったら、
世の中は少しずつ変化してくるのではないかな。
気楽な事が少し増えるんじゃないかなー。


となると、こんなこと自由に書いている私というそのものは、
本当ははっきり言って、
「あなた」にとってはどうでもいいこと言ってる
ただのそこにいる一人のお母さん、だけなのだけどー。

でも、
「わたし」にとっては大切な私。
なもので、、それでいいんだーと思ってます。

私達が革命を起こすのじゃなくって、
一人ひとりが、
楽しみや、心地よさを感じる中で、
しずかーに、優しーく、何かが変わってゆくと信じています。


f0298223_14264818.jpg




ゆき
[PR]
# by p-otonoha | 2015-05-01 14:02 | つぶやき
5月です!

4月の雨模様も一転
太陽が眩しい!!
キラキラしていて、夏を思わせてくれます!

さて、昨日、4/30でステージのご出演者の募集を締め切らせていただきました。
本当にたくさんのエントリーありがとうございました!
投稿をシェアして下さったみなさまもありがとうございました!

ご出演いただく団体様には追って、出演スケジュール等のご連絡をさせていただきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

お祭りに足を運んでくださるみなさま♡
今年も充実のステージパフォーマンスを楽しみにおまちくださいね!

f0298223_13362256.jpg

(写真は昨年のステージYOGAの様子です)
[PR]
# by p-otonoha | 2015-05-01 13:38 | お知らせ
ほぼ毎日、ナン猫会議が繰り広げられています☆

会ってやった方が早い時は、すぐに会いますが、
日常は、LINEでのやりとり!(すごいデータです笑)

会議内容の一部、おとといのやつ、
だいたいどんな会議なのか、これをそのまま伝えるのが、
一番私達をわかりやすいかとおもいまして、

お祭りの魅せ方だけど、キャッチーであるとか、人が寄ってきそうなワードとか、
そんな話は一切なく、
本当に、自分達がなりたいもの、伝えたい事でないと、意味ないと思って、
いつも、やってるんです。。

実録!LINE会議
テーマ『SUNSUNフェスのイメージワードを考える』


ゆき 『SUNSUNのワードなんだけど、素敵ママとか、キラキラとか、そんなワード使いたくないねん~
    ありきたりだし、伝わらないから、なんかないかな~~??』

千秋 『わ~素敵!!(笑)』 冗談!

ゆき 『キラキラ女子のイベントって、は??ってなるよね』

千秋 『私はなるよ~。でも、みんなは惹かれるのかな?』

ゆき 『でも、みんな言ってること同じ、全部同じイベントに見える』

ゆき  『ある映画(ここでは)見て来て、とてもいい映画で、こんど上映会するんやけど、
    その感想が、素敵だったとか、そういう意見が多くて、素敵ってなに??
    はっきりいって、ドロドロもあるし、葛藤もあるし、すごいこととは思うけど、それを
    素敵って言ってしまうのはどうなのかな??って』

ゆき  『キラキラとかの表面の下には、もっと人間的な部分や、真剣に取り組むこととか、
    そういうことが隠されてるとおもうねんな~』

ゆき  『このイベントの主旨のお母さんを簡単に、キラキラとか、素敵なママでまとめたくないなって、
      前から言ってたのが、浮き彫りになったわ~』

ゆき   『私達も、いつもよくキラキラしてるね!って言われるけど』

千秋   『うん、ちょっと嫌な気がするもんね』

ゆき  『キラキラ・・ て』

千秋  『てゆうか、褒める言葉が他にないんやろうなぁ・・ってわかるよね』

ゆき  『わかる!キラキラゆうときゃええ。みたいな笑』
     『でも、ほんとは、人間くさいねって言われた方が嬉しい』

千秋  『確かに! でも、そういう所が出せてないんだろうな・・私達。深みがないんだね。』

ゆき  『今は、お母さんがキラキラしよう!みたいにやってる感じになってるからしょうがない』

千秋  『確かに! バカっぽいね 笑 』 『ある意味』

ゆき  『人間ぽさだしていいのか、それも迷ってるからね~』
      キラキラママ・・ うんバカっぽい 』
ゆき  『だから、なんか、良いワードないかな・・』
     今の感じは間違ってる!ってなった』

千秋  『うん、 お母さん、 強さが内側から輝いてる!やつだよね。
     外側から照らされたキラキラじゃなくて!』

ゆき  『そう~! 特別じゃなくて、普通!』

千秋  『輝きを放つ女性。と、キラキラ女子じゃ、えらい印象違うもんな』

ゆき  『そうそう、この人はキラキラしてますね。って言われたら、そんなもんちゃうよ!!
     って腹立つやろな!って思うぐらい、普通に日常を取り組んでる人とかみたいに
     私達も、 キラキラしてるなんて簡単に言えないわ。ぐらいにならないとね。。』

千秋  『ま、ほんで、全然キラキラもしてないねんけどな笑』

~ここから、なんでキラキラって言われるか、
  おもしろ自虐談議になるので・・・これは内緒笑(いつかトークライブとかでお披露目します笑
  笑えます。。~~

千秋 『要するに、パーソナリティ磨くわ!』(*前日の会議テーマがパーソナリティだった笑)
    
    『お母さんの底力!みたいなワードね』

ゆき  『底力系の、なんかいいワードみつかったらな~ それじゃ、体育会系すぎる スマートなやつー』
     『 ↑欲張る』

千秋 『キレイめに偏ると、キラキラへ近づくから要注意!』

ゆき 『降ってくるの待とう~』

   『なんかさ、肩書を捨てて、1人の人間になるというか・・
    たとえば、教師と生徒、お母さんと子供とかの関係を捨てて、
    一対一で向き合うために、というかただの人になって・・みたいな』

千秋 『でも、SUNSUNのイベントは、お母さんにフォーカスしてるから、そこは、
    あくまでも、わかりやすくないと、何かわからんくなるよ~』

ゆき  『そうだな! 急がず、待とう』

千秋 『あと、あんまり、女性としてとか、人間としてとか、自立的なことが
    前にでると、ファシズムの集団のイベントみたいな印象になるからね~』

ゆき 『そやな』

千秋 『お母さん ってことで、上手く表現しないとね~』

千秋 『そういえば、小藪さんの記事読んだ??』 (読んでない方は小藪一豊 美魔女 で)

ゆき 『美魔女がどうとかゆうやつ??』

千秋 『そうそう!なんちゅーか、うん!たしかにな!って思って。一理ね』

ゆき 『わかる。わかるよ。』『でも、こうなると、成り立たないもの幾つも!』

千秋 『とはいえ、私は美しくなりたいけどな!笑』

ゆき 『私もだけど』笑

ゆき 『みんななりたいよねー ちやほやされるからってことだけに理由を持って行ったら
    なんか違うけど』
    『小藪さんの言う美しさは、外見的なプラスのことだよね、、エステとか、ブランドとかさぁ~』

千秋 『普通の主婦です!って言うな。ってやつね。プロの人だよって。』

ゆき 『そうそう』

千秋 『朝からグリーンスムジーな生活が当たり前ちゃう』

ゆき 『チャリンコの前後ろに子供のせて、爆走してても、きれいで入れるでしょ!』
   
ゆき 『アンチスムージー!笑 私』

千秋 『当たり前じゃないのに、モデル的なの真似するもんね・・』

ゆき 『ねえ。人と違うからお洒落のんか、なんか』

千秋 『なんか、特別な女性とか、お母さんになるのがいい!みたいな訴求がな・・なんか』
    『まぁ、特別でいたいねんけど! 笑』

ゆき 『もう、ふくざつ!』

千秋 『ね!』

千秋 『なんというか、また違う、女性の美しさとか、なんか、違うポイントなんだよね』

ゆき 『なんだろ??普通に生きるエブリディ味噌汁??とか?』

千秋 『それにしたら、まじで、うちのまゆみさんなんか、3人の子育てと、仕事と、介護!
  でも、まだまだ、なんでもやりたい!っていうのとか、ほんますごいし、日々が美しい』

ゆき 『人間らしい  それかー』

千秋 『うちの奥さんのプロポーションがキレイ!っていうより、
    うちの奥さんの妊娠線が美しい。って方が・・・なんか愛が伝わる』

ゆき 『うーん確かに。』 『でもやだ!!(そこはかたくな)』

千秋 『ない方が良いけど!、あってもそれを美しいって言ってくれたら
    プロポーションのこと言われるより、もっとなんか』

ゆき 『それはわかる。』

千秋 『キレイな部分を見て、美しいってことと違うってところ、
     最初に話した、映画の話だよね』

千秋 『おしゃれして、ランチに出かけるの美しさか
     子育てして疲れてる日常での笑顔の美しさの違いっていうか』
    (キラキラと輝きの違いというか)

ゆき 『人間ありき だね』
   『やっぱ、人間力だなー』

千秋 『パーソナリティか』

千秋 『う~ん。どっちにしろ私はあんまり美しくないな笑』

ゆき 『なぜ!笑』

千秋 『ま、でも自分が気が付かない部分がきっとその人の当たり前だから、
    そこが美しさなのかもね』

ゆき 『そこを気が付いて、どう発信するか、境目~』

千秋 『だねー』

・・・・・・・・・。

数時間後・・・・

まゆみ 『言うてる意味分かる~~~』
     

   ・・・・・最後、長女で閉める・・笑

 キレイになりましょっていうことじゃない、美しい女性の・・・

  なんか、湧きだすお母さんや女性の美しさを表現できるワードないでしょうか~~??

要するに、SUNSUNフェスとは、そんな女性を磨くきっかけになるお祭りなんです!!


長文、失礼しました!!

千秋
[PR]
# by p-otonoha | 2015-04-21 21:27 | つぶやき

好きなもの、好きな人、好きな時間を通じ、好きな自分を知るきっかけを応援する、新感覚ライヴ企画!~特別な時間になるようなライヴや講演の企画~


by p-otonoha